ご訪問ありがとうございます!
サトルです。


スクリーンショット 2019-05-09 09.48.56
公式HPより

ついにロックインジャパン2019のスケジュールが発表になりました。
ロックインジャパン 2019



なんと過去最大の5日開催!
昨年の4日から1日増えました。


1日増やすことで増える主催者収入は・・・
14,000円×69,000人=9億6600万円!
※通し券は考慮せず超ざっくりとした計算

会場設営費なんかは4日も5日もほとんど変わらんでしょうから、
アーティストへの報酬を差し引いても8億円くらいは利益が増えるのではないでしょうか?


もちろん20年間培った運営ノウハウと、チケットを完売できる集客力があってこそですが。
近年の売れ行きを見ていると完売はほぼ固いと思います。
それだけ「ロッキン」というブランドが広く定着してきているということですよね。


CDが売れないことが叫ばれて久しいですが、このようにフェス熱は年々高まっているのは、やはり音楽へのニーズは存在し続けているということ。
もはや、CDの売上じゃなくてyoutubeの再生数とかでアーティストを評価した方がいいんではないかと思います。


サトルが注目しているアーティストはHumpBack
昨年はウィングテント(キャパ3,000人)でロッキン初出場を果たしましたが、
全然入りきらないくらい人が集まってましたね。
今年はレイクかパークステージでやるのではないでしょうか。(どっちもキャパ1万人)


HumpBack -月まで





そうすると8月4日にいこうかなと思います。
多分その日のトリはパフュームでしょう。

(10-FEETでした!
6月24日追記

スクリーンショット 2019-05-09 09.52.19
公式HPより



一番大きいグラスステージ(キャパ7万人)って案外夏でも涼しいんですよね。
風が通り抜けるからかな?


8月が楽しみです。



夏フェスの必要物品のレンタルはこちらがおすすめです