ドーパミンを出しまくる

自由を愛するアラサー独身が人生の攻略法を発信するブログ

タグ:Amazon

エイジです。
本日はスマートに生きるテクニックを公開します。

生活する中でモタモタしがちな場面って結構あると思うんですが、そういった場面の解決策を提示していきます。



オートチャージ付きモバイルSuica
 

これは絶対導入してください。
改札で引っかかっている人や、チャージがなくなる度に現金でチャージしている人を見ると正気かと疑いたくなります。

オートチャージにしてください。チャージから解放されます。
僕は2,000円以下の時、5,000円がオートチャージされる設定にしています。
しかもポイントも1.5%付きますからね。導入しない手はありません。

モバイルSuicaにしておけば、Viewカードを持ち歩く必要もなくなりますよ。



スマホ決済

未だに現金でジャラジャラ会計している人。

さっさとスマホ決済にしてください(迫真)

現金を持ち歩くのはデメリットしかないです。
・紛失する可能性がある
・重い
・引き出す必要がある
・還元がない
・レジのやりとりが面倒

もうこのご時世で現金を使っているのは情報弱者と主張するようなものです。

スマホ決済なら
・紛失してもGPSで見つかる
・ロックをかけておけば盗用されない
・スマホの重さしかない
・平常時5%、20%〜50%の還元キャンペーンがしょっちゅうある
・レジのやりとりがスムーズ

ほんとにメリットしかないので速攻で始めましょう。


手帳型スマホケースで財布フリー

 スマホ決済と関連しますが、手帳型スマホケースにすると財布から解放されます。

僕はこれに以下のものを入れています。
・免許証
・クレジットカード2枚(Visa,JCB)
・健康保険証
・PASMO(東急バスユーザーのため) 
・一万円札

東京なら十分生活できます。
財布って小銭が入ると重いですからね。持ち歩きたくありません。

ただ完全にキャッシュフリーかというと、やはり個人経営の店ではキャッシュレスに対応していないところもあるので、そこでは現金を使う羽目になります。

とはいえキャッシュレスの流れは不可避なので今後キャッシュレスについていけない店は淘汰されていくことでしょう。僕も普段からそういう店は避けるようにしています。


水や米はAmazon定期便で買う


最近導入しました。
普段スーパーの買い物で一番重いものはなんですか?

おそらくほとんどの人は水か米ではないでしょうか。

これをAmazonの定期便に変えましょう。

僕はあまり自炊をしないので米は注文していませんが、水を定期で購入しています。




業者が家まで配送してくれるので重い買い物から解放されます。
普段の買い物のストレスがかなり軽減されるので絶対におすすめです。


折りたたみ傘を持ち歩く

日本は雨の多い国です。

急に降ってくるときどうしますか?

・コンビニでビニール傘を買う
・タクシーに乗る
・カフェで止むまで待つ

いずれにしても無駄に500円程度のお金がかかります。
家に何本もビニール傘がありませんか?


折りたたみ傘を持ち歩きましょう。

なお、日本の雨の降る割合を考えれば、常にバッグに忍ばせておいてよいでしょう。
急に使う場面は非常に多いです。

チャージスポットを活用する

スマホのバッテリー問題は昔からあります。
一年くらい使用していると本当に減りが早くなりますからね。

充電器を買うと一回で2,000円くらいかかる上に二度と使いませんよね(普通は)

あるいは充電できるネカフェに入っても、1時間くらいかかるし、500円くらいかかります。

パナソニックなどのモバイルバッテリーを持ち歩くのはありだと思いますが、結構面倒ですよね。
定期的に充電するようですから。


おすすめはシェアリングモバイルバッテリーのチャージスポット。
都心はファミマやローソン、カラオケ館にいけば結構な確率で設置してあります。

手続きも端末操作だけで完結するので非常に簡単。

1回150円程度で済むので、自分のモバイルバッテリーを持ち運ぶ手間を考えると、こちらの方がいいと思います。


なお、最近は充電機能付きスマホケースも発売されていますが、先ほど紹介した手帳ケースと競合してしまうため僕は採用していません。

Qrio Lock

実はこれはまだ使ってないんですが(笑)
非常に気になっているサービスなので、触れておきます。

僕が説明するより動画の方が早いと思うのでこちらをどうぞ。






鍵の開け閉め、持ちあるきから解放されます。
これでバッグの中の鍵を探して手間取るなんてこともありません。
 



以上です。

これらのテクニックを駆使して是非スマートに生活してください。

今後も役立つ情報をお伝えしていきます。
気に入った方は是非フォローお願いします。 

 



79857a1193685112791775c6883a8761_s

節約で支出を半分にして同じように生活できれば収入が2倍になったようなもんです。
収入が倍になった時の豊かな生活を想像してみてください。


その一方で人は実際の収入が多くなるほど支出が雑になる傾向があります。
例えば収入が2倍になったとしても、浪費も2倍になっては生活水準はほとんど変わらないといえます。

この記事では支出上手になる役立つ情報を紹介します!



マネーフォワードを導入する


 1ヶ月の支出の内訳が見えていますか?
意外と多いのがお金がたまらないと嘆くわりに何にいくら使ったのか把握できていないことです。

絶対に家計簿をつけた方がいいわけですが、手書きの家計簿は非常にハードルが高い。
僕自身、割と几帳面な方ですが手書きの家計簿を継続する自信はないですね(笑)


マネーフォワードは家計簿の自動化アプリです。
クレジットカードを登録しておけばクレジットカードやスマホで決済した時に自動で
家計簿に記入してくれます。

スクリーンショット 2019-10-25 11.48.42




昨今進んでいるキャッシュレスの流れと非常に相性がよいですね。

まずは自分がどこにお金を浪費しているか把握するところから始めましょう。





とことんキャッシュレスを使い倒す

338c72224f50643bd7c618eccfeda9b2_s


コンビニなどで数百円の少額の買い物のときクレジットカードの使用を躊躇する人がいますが、キャシュレスを使える場所では全てキャッシュレスで支払うのが鉄則です。

理由は2つあります。

まず、前述したマネーフォワードはキャッシュレス決済によって真価を発揮します現金払いだとマネーフォワードに手動で入力する必要があるため、おそらく煩わしくなり家計簿として機能しなくなってくると思います。

そして、こちらが重要なのですが、キャッシュレスは数%のポイントが還元されるということ。
今は政府が主導してキャッシュレスに優遇措置(5%還元)のキャンペーンが実施しているのでキャッシュレスの恩恵は非常に大きいです。

還元率の大きさでは

スマホ決済>>>>>Suica、クレジットカード>現金

という順番なのでスマホ決済の導入を強くおすすめします。




しかも今はスマホ決済の黎明期で各社がシェアを獲得するために派手なキャンペーンをやりまくってます。想像以上に得できますよ。


スマホ決済についてはこちらの記事に詳しくまとめています。
20万円お得!?今すぐスマホ決済を導入すべき理由



シェアハウスに暮らす


細々とした節約より住居コストを見直したほうが月数万の差になるので効果的です。

おすすめしたいのがシェアハウスに住むことです。

駅からの距離、部屋の広さなどの条件が同じ物件であれば、個人が住む賃貸よりもシェアハウスの方が安くなります。

これは水回りやキッチン等を複数人で共有することで経済性を高めているためです。


実際僕が今住んでいるシェアハウスは共益費15,000円に電気・ガス・水道・インターネット・清掃費・管理費が全コミなので非常に安く快適に暮らすことができています。
大概リビングに共用テレビがあるので、テレビの個人持ちをやめてNHKの請求から逃れることも可能です。

物件によっては清掃を業者でやってくれたり、ジムやワーキングルームが付いていたりといろいろな付加価値があります。


大型のシェアハウスほど経済性が高いため割安に住むことができるので、20人以上が暮らすような物件がいいでしょう。



オークハウスは業界最大手で管理もしっかりしていますよ。
シェアハウス初心者に真っ先におすすめしたい管理会社です。



 
また、経済性をさらに高めたいならシェアハウスでルームシェアが最強です。恋人や親しい友人、兄弟などがいる方は検討してみてもいいでしょう。とはいえ、一人の時間が好きな人も多いと思うので、これはやれたらって感じです。僕もルームシェアまではやってません。

シェアハウスについては結構奥が深いのでまた記事を書きたいと思います。



究極の経済性!食事付きシェアハウス

実はシェアハウスの上位種が寮なのです。寮って要するにシェアハウス+食堂だからです。
門限などの規則の話はここでは無視しますけど、食事もみんなでシェアした方が一人分の食事をつくって食べるより経済的なのです。
ただ、「寮」って学生でもない限り個人では入れないですよね。

そこで調べたところ、なんと個人が入れる「食事付きシェアハウス」っていう形態のサービスもありました。ほんとに少ないですけど。
社員寮業界大手の共立メンテナンスが運営している「ドーミーエス+」シリーズです。
管理栄養士監修の夕食が一食100円ですって。すごい節約できそう・・・!
もちろん寮ではないので門限などの細かい制約はありません。




外食やコンビニを使わない

基本中の基本ですが食事は自炊にしましょう。
外食は人件費がかかるのでどうしても割高になります。

ab17b581a9a2974c72b57c6c19334699_m



そしてコンビニも原則ダメです。
深夜に買い物したい時は仕方ないにせよ、スーパーの営業時間であればスーパーを利用してください。

推奨スーパーはOKストアですね。
定価の4〜5割引で食品が買えます。

食費はチリも積もれば山となる項目で1日あたりは大した差はないのですが、
外食と自炊では一ヶ月で3万円以上の差が生まれると思います。
どうしても料理が面倒だという人は、大概のスーパーで閉店間際に弁当が半額くらいになるのでそれを狙いましょう。


また、今はLINE Payがキャンペーン中で対象スーパーで買い物すると12%も還元されますよ。


ネットショッピングで最安値を狙う


d041fe6c07dc9647a1e065398f240c64_s
店舗でものを買うよりおネットで買い物をした方が安く買えます。


王道のAmazon楽天は必ず使えるようにしておきましょう。
僕はほとんどの買い物はAmazonか楽天で安く購入しています。

Amazonであれば還元率が2%以上になるようにしてください。
AmazonカードとAmazonプライムを組み合わせることで2%の還元率になります。


Amazonプライムは有料会員サービスですが以下のように特典豊富です。
・配送料が無料になる・翌日配送
・Amazonカードの還元率が1.5→2%
・プライムビデオが見放題

などなど。

年額4,900円ですが、得られるメリットの方が多すぎて入らない理由はないです。

楽天で買い物する場合はもちろん楽天カードを使うようにしてください。
圧倒的にポイントが貯まります。

さらにLINEショッピングを経由してAmazonや楽天のサイトに行くと、LINEポイントも0.5%付与されます。





車を持たない

地方に住んでるなどで車に毎日乗ってる人はいいですが、
たまにしか乗らないのであれば車を持つのはやめましょう。

自動車代、自動車税、駐車代、ガソリン代、点検整備代・・・。

車は金食い虫の代表です。

今はシェアカーやレンタカーというサービスがあるので個人持ちせずにこれらのサービスを利用した方が圧倒的にコストを抑えることができますよ。






クーポンサイトを上手に使う

美容費や交際費などで力を発揮するのがグルーポンなどのクーポンサイトです。

グルーポン
タイムバンク
くまポン


上記のサイトはおすすめです。
美容系やレストランの飲食代が30%〜90%オフになります。


僕は現在ヒゲ脱毛をやっているんですが80%オフで施術してもらっています。
美容院もクーポンを利用すれば5,000円とかでカット+カラーができたり破格の値段でやってもらえますよ。




不用品はメルカリでお金に変える


不用になったものはメルカリでガンガン売りましょう。

スクリーンショット 2019-10-25 12.01.43


ネットなどで安く買ってきたものを最終的にお金に変えることで経済性を最大まで高めることができます。メルカリはどんなものでも売れる場合があるので、とりあえず要らないものは出品してみてください。部屋も片付くので一石二鳥ですよ。


余談ですが僕はメルカリでものを売る時ドラクエを思い出します(笑)
不用になったものを資金に変えて新しいものを買う感じが似てるんですよね。


メルカリも非常に奥が深いのでこれも改めて記事を書く予定です!





まとめ

・マネーフォワードで支出管理する
・キャッシュレスで買い物する
・シェアハウスに住む
・外食・コンビニは使わない
・ネットショッピングで最安値を狙う
・車は持たない
・クーポンサイトを上手に使う 
・不用になったモノはメルカリでお金に変える


フォローお願いします






 




最近注目しているビジネスがあります。

サブスクリプションという、いわゆる定額制サービスです。

もちろん定額制サービス自体は昔からあるんですけど、
最近にわかに流行り始めてますよね。


 
サブスクリプションサービスというのは月額料金を払って期間内使い放題というようなサービスですが、なんで使い放題なのにビジネスとして成り立つかというと、ユーザーもいろいろいてヘビーユーザーがいたり、ライトユーザー、全然利用しないユーザーがいるわけです。
たとえばジムなんかわかりやすいですよね。毎日行く人もいれば全然行かない人もいます。でも月額料金は同じなんです。そんでユーザーの平均を考えると会社に利益が出るようになっているんです。




前からサブスクリプションってシェアビジネスとなんか似てるな〜と思ってたんです。
シェアビジネスはモノを共有しているのに対し、ユーザー全体でお金(月額料金など)をシェアしているんだと気づきました。
だから個別の一対一のビジネスでは到底あり得ないほどのサービスを受けることができます。



サブスクリプションを上手に使うと圧倒的に得することができます。逆に下手に使うと損します。
今回はサブスクリプションサービスをいくつか紹介します。





1 ストレッチアップ
 スクリーンショット 2019-10-02 16.53.56

ストレッチアップは業界の掟を破る定額制ストレッチジムです。
僕も通っています(笑)

ストレッチって週に1回ではなかなか効果が出ません。
だからほんとは毎日通った方がいいんですけど、Dr.ストレッチとかだと一回5,000円くらいしますよね・・・。
定額制ストレッチならいくら通っても定額(月額12,000円〜)なのでかなりお得に通えちゃいます。


ただ、毎日通うのはNGと言われました。
毎日通うと筋肉が疲弊してしまうんだというような説明を受けました。
本音は毎日通われるとさすがに人件費が厳しいのかなと思いましたが(笑)

まあ、週2回以上通えばDr.ストレッチより確実に安いのでお得なサービスであることは間違いありません。


肝心のストレッチの効果は・・・今んとこまだ実感できてないですが・・(⌒∇⌒;;)





2 コロワイド 飲みホー定期券

居酒屋にもサブスクリプションの波が来ています・・・!

先日コロワイドグループが月4,000円で「飲みホー定期券」というサービスを発表しました。
スクリーンショット 2019-10-02 17.14.17


甘太郎、北海道、ニジュウマル、いろはにほへと、三間堂、一瑳の関東138店舗で利用することができます。だいたいの都会の駅であれば利用できる店があると思います。

僕なんか先月の交際費が10万円いっちゃってたので速攻買いましたね(笑)
今月はこれで抑えたいです。


3 カラオケの鉄人 カラ鉄ホーダイ


スクリーンショット 2019-10-02 19.55.15

これ、僕はほんとに驚いたんですよ。
あんまり知られてないですよね。しかもカラ鉄の公式に情報がありませんでしたw

週末の夜に2時間二人でカラオケすれば、普通7〜8千円かかりますよね?
すんげー出費なんですよ。


それがこんな安く使えるの???
一回夜に使えば元が取れるレベルですよ(笑)


店舗によっては飲み放題をつけなくちゃいけないとかのルールもあるみたいですが、それでも安いっすよね。てか、飲み放題もサブスクリプションなんで結構飲むんならむしろ安くなります。


4 kindle unlimited

スクリーンショット 2019-10-02 20.23.46



月額980円
Amazonの本読み放題サービスです。
さすがAmazonだけあって対象となる本の数は群を抜いています。
結構売れ筋の本でも読めちゃうことが多いのでかなり読書される方でしたら得すると思いますね。



5 Amazon Prime
スクリーンショット 2019-10-02 20.18.04

年額4,900円
Amazonユーザーでしたら絶対入った方がいいサービスですね。
配送料無料になりますし、お急ぎ便なら当日に荷物が届くなど受けられる恩恵は多大です。
しかも、Amazonカードクラシックで買い物する場合は還元率が1.5→2%になります。
正直、あっという間にコストを回収できると思います。




定額制サービスは使えば使うほど得できるので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?ヾ(=^▽^=)ノ
いいサービスがあったら教えてくださいね〜〜
 



 

↑このページのトップヘ