こんにちはエイジです。

本日は走塁の重要性を考察したいと思います。

近江対金足農業の動画を見ていて思ったんですが決勝点は走塁でもぎ取っています。


2塁送球中の本塁盗塁、1塁送球に併せた本塁盗塁は実は有効な戦術だなあと思います。

ランナー1・3塁


1・3塁のケースで1塁ランナーが盗塁して、捕手が2塁に投げた瞬間に3塁ランナーがスタートを切れば結構な確率で成功すると思います。
タッチしている暇はないので1塁ランナーは自動的にセーフ。さらに得点圏が続きます。

本塁〜2塁間をボールが往復するわけですから通常の盗塁より成功率は高いはずです。
しかも意表をつけば守備も慌てますからミスが出やすいというものです。


ランナー2・3塁
 
金足農業のシチュエーションです。
スクイズを使ってサードが一塁に送球している間に2塁ランナーはホームに突っ込めば得点できる可能性は高いです。
1アウトで2点もぎ取れるので打率が低い打者の時はかなり有効な作戦ですね。




フォローお願いします