10月からの政府によるキャッシュレス推進で注目されているのが、PayPayをはじめとしたスマホ決済です。

338c72224f50643bd7c618eccfeda9b2_s




もはや現金払いは情報弱者でしかない!


未だにキャッシュレスが使える店で現金を使ってる人を見ると呆れますね・・。

毎回5%以上も得できるというのに・・・

僕自身、スマホ決済を8月から本格的に使っていますが、
絶対に導入した方がいいです。



スマホ決済は銀行口座かクレジットカードと連携させて決済します。

クレジットカードと連携させるとスマホ決済のポイントとクレジットカードのポイント2重取りができるわけです。

これまでクレジットカードの還元率は高還元率で楽天カードなどの1%。
最高でもリクルートカードの1.2%とかって話だったんですが、
スマホ決済と組み合わせることで余裕で還元率が5%とかいきます。

しかも今は政府還元事業の5%の還元がつきますからトータルの
還元率が合計10%なんて話もザラなわけです。


買い物するたびに10%還元ですよ?

仮に年間200万円買い物するとすれば、20万円の差が生まれるわけです。

もはや現金で買い物する人は情報弱者としか言いようがありません・・・。



どのサービスを使えばいいの?

いろいろなサービスがあるので、
迷うと思いますが、おすすめはとりあえず以下に紹介するサービスを全て使っておくことです。

PayPay
LINE Pay
楽天ペイ


僕はこの3つを全て使っています。

というのも店によって使える決済サービスが異なるのでより多くの種類のサービスを使える状態にしておいた方が利用できる場面が増えるからです。


ほとんどのスマホ決済のサービスでクレジットカードより得できます。
還元率の大きさでいうと、

スマホ決済(最大10%前後)>Suica(ビューカードの場合1.5%)>高還元率のクレジットカード(1%〜1.2%)>現金(0%(笑))という感じですかね。





PayPay

ソフトバンクが主導するスマホ決済サービスです。
10%還元や20回に一回の確率で買った金額全額バック(PayPayチャンス)など
派手なキャンペーンで注目されています。

最優先で導入すべきサービスです。


スクリーンショット 2019-10-21 07.32.06



現在は政府還元事業対象店舗で決済することで5%の還元となります。
つまり、政府事業5%+PayPay5%で合計10%の還元率です。

す、すごい・・・

おすすめの連携クレカはYahoo!JAPANカードです。
年会費は無料です。

還元率が他のクレカより高くなります。
また、先ほど触れたPayPayチャンスはこのカードと連携させる必要があります。

 なお、今申し込むとTポイントが1万円分もらえるのでそれだけでも十分つくる価値はあると思いますね。

さらに、Tポイントがつく店ならPayPay、クレカ、Tポイントとポイント3重ドリができます。
 

LINE Pay
 

通常の還元率は大したことないですが、
クーポンを配信することが多く実質的なお得度では非常に有用なサービスです。

スクリーンショット 2019-10-21 07.35.20



現在は対象スーパーで12%の還元率キャンペーンを打っておりこれは強烈ですね。

OKストアなどのもともと安いスーパーで使うととんでもなく安く買い物できます。


現状はクレカとの連携はできませんが将来的にはできるようになるようです。
その際の最有力は来年から開始予定のVisa LINE Payカードとなるでしょう。
スクリーンショット 2019-10-21 07.38.40


このカードの情報はまだ少ないですが、初年度はなんと通常の買い物でも還元率が3%という破格の還元率となるようです。
普通にメインカードとして使えますね。





楽天ペイ

楽天が主導する決済サービスです。
現在は政府事業以外の店で決済すると5%の還元率となります。

スクリーンショット 2019-10-21 07.40.22


基本的な戦略は政府事業対象店ではPayPay(10%還元)、それ以外はこの楽天ペイ(5%還元)という考えでよいと思います。

楽天ペイでたまる楽天ポイントは、楽天市場の買い物などで広く利用できるので非常に使い勝手がいいですね。

おすすめの連携クレカはやはり楽天カードです。
年会費無料です。




まとめ

・スマホ決済は確実にお得、今すぐ始めよう
・PayPay、LINE Pay、楽天ペイなど全て使う
・現金主義は完全に時代遅れの情弱