ドーパミンを出しまくる

自由を愛するアラサー独身が自由に発信するブログ

タグ:ノマド

こんにちはエイジです。

今後、声優の需要が高まると予想しています。

理由は5G時代の到来により動画サービスが普及していくから。
YouTubeで稼ぐ個人が増えるにつれて様々な動画コンテンツで声優が必要になるからです。


60a6670223a2c8110ac9f216d1dd5dc1_s


びっくりするほど現在の声優は食えていない 
 
 声優の推定年収
こちらのサイトを見てください。


あくまでも推定年収なのですが、本当に現在の声優業は食えないんだなあと思います。
有名声優でもサラリーマンくらいの収入しかないんです。
杉田智和クラスで600万円てのは、さすがに驚きましたね。というかマジっすか・・?
これじゃ売れない声優は全く食えないってことですね・・・

レジェンド野沢雅子で4,000万円です。

芸能界でも歌手でも漫画家でも、実力主義の世界は一流になれば年収数千万〜数億とかいくもんですが、声優業界では1,000万プレーヤーすらほんとの大御所に限れられるみたいです。
どんだけ搾取構造なんだろう・・・。


朗報 今後は声優の需要が爆増

 おそらく声優が食えないのは圧倒的なコンテンツ不足と声優の供給過多にあると思われます。

インターネットが普及する前までは、声優が活躍する場はテレビアニメと映画の吹き替えなど非常に限られた場所しかなかったのです。しかもイス取りゲームの構造で、このキャラだったらこの声優というポジショニングが予め決まっているように思います。

元気な少年なら田中真弓、陽気なイケメンなら山口勝平、お茶目で渋いオジさんなら藤原啓治というように。
先行者有利の業界なのです。一度売れればずっと活躍できますが、売れるまでが非常に難しいのです。


しかし、今後は声優の需要が爆増するでしょう。
冒頭にも触れたとおり動画コンテンツが爆発的に増えていくからです。


個人でYouTubeに投稿する人が増え続けており、アニメ声優やナレーションが必要だったりと、様々な動画で声優の活躍する場が生まれてきます。
個人が発注する場合、高単価な有名声優より無名でも単価が安く実力がある声優に需要が出るはずです。
この流れにより、声優業は割と底辺でも食えるようになっていくものと思います。


WEB声優が最強の仕事になりうる

声優はもちろんある程度才能が必要な世界です。
ただ、実力さえあれば今後はものすごく稼ぎやすいです。
なぜならプログラミングやライティングに比べて、一件の作業時間が圧倒的に短いからです。

クラウドワークスで求人案件を見てみると、10分程度の原稿で1,000円くらいが相場のようです。

とすると、クラウドソーシングで人気を獲得して複数案件を受注できれば、一日3時間程度の労働時間に10件こなして日給10,000円なんてことも普通に実現できそうです。


おわりに
 
今後間違いなく伸びていく声優業。
先行者有利なので声に自信がある方はすぐに始めることをお勧めします。
クラウドソーシングなら仕事の場所も選ばないのでノマド的な働き方もできますよ。

フォローお願いします

 

持ち家か賃貸かってよく議論になりますよね。

結論からいうと僕は賃貸派です。

329c62a184cc471a5cb0f3a75b19ca80_s



メリット・デメリットから考察する

それぞれメリット・デメリットをまとめました。

持ち家のメリット
・資産化できる
・長期で考えると安い

持ち家のデメリット
・住所を固定化しないといけない
・失敗した時のリスクが大きい


賃貸のメリット
・住所を柔軟に変更できる
・失敗してもリスクが小さい

賃貸のデメリット
・資産化できない
・長期で考えると高い


持ち家と賃貸の議論を集約すると以上になります。
どちらも一長一短あります。
そして上記のとおり、持ち家派は経済性を重視しているのに対して、賃貸派は住居の融通性を重視しているので議論はすれ違います。だからこの議論は結論が出ないのです。


人それぞれのライフスタイルでどちらをとるべきか違うのが当然なのです。

例えば、市役所職員などのように転勤がなく定年までその組織に勤める可能性が高いのであれば持ち家を購入した方が経済的でしょう。

逆にフリーランスのWEBライターなどのように世界のどこでも働ける仕事であれば、賃貸にすることで状況の変化に合わせて住む場所を自由に選べます。


経済性をとるか、住む場所の自由をとるかということです。


暑い、寒いに無縁のノマドワーカー的な生き方

最近ノマドワーカー的な生き方に憧れています。
クラウドソーシングでライティングなどの案件を受注すれば、東南アジアに滞在しながらでも生活費を稼げてしまいます。
例えば、春と秋は東京に暮らして、夏は北海道、冬はタイなんて生き方も賃貸とノマドを組み合わせると普通に実現します。
ほんとに来年からやってみたいんですけどね(笑)


日本人は古来からずーっと、夏は「暑い」、冬は「寒い」と言い続けています。そして気温がものすごいストレスになっている。
だったら夏は涼しい場所に住めばいいし、冬は暖かい場所に住めばいいのです。

こんな当たり前のことを何故ほとんどの日本人が実践しないかというと、持ち家や会社に縛られているからなんです。


このように持ち家は人生の自由度を奪います。

実際東京の気候は暮らしにくいですよ。夏は蒸し暑いし、冬は寒いです。
だったら季節ごとにいい気候の地域に移住すればストレスなく生活できるのです。


もう暑い、寒いと愚痴るのはやめにしませんか?


フォローお願いします


↑このページのトップヘ