ドーパミンを出しまくる

自由を愛するアラサー独身のライフハック系ブログ

タグ:アラサー

日曜の夜は、木曜日に出会った女性と飲む約束をしておりました。


もともとは別の女性と仲良くなろうとしていたら
いつのまにか合コンという形になってしまって、木曜に渋谷で飲みました。


4対5で、年齢は女性が平均30歳くらい、
男性が平均25歳くらいで、男性では僕が一番年上(そのくせニート)でした。



幹事に促されるまま着席すると、隣にとてもかわいい女の子が座りました。A子ちゃん(仮名)といいました。社会人4年目と言っていたので26歳くらいかな?すでに0次会で飲んでいたらしく、結構酔っ払っていました。

その日は大衆店だし、何も考えずTシャツを着ていたんですが、向かいに座っていた31歳の女性に「Tシャツはないよね〜っw」とかボロクソに言われました(笑)
合コンってTシャツじゃいけないんですか・・・?






もともと狙っていた子は途中で友人の修羅場の仲裁とかなんとかで退席してしまったんですが、すでに狙いはA子ちゃんに切り替えていました(笑)


そんで金曜日にラインを送って、日曜日を会う約束をしていたのです。



実はこの日はある仮説を検証しようとしていました。

それは、「デートに費やしたお金と、デートの成功率は比例しない説」です。

これまでの経験でなんとなく感じていたのですが、どんなに高級店に連れて行ってもダメな時はダメだし、逆に大衆居酒屋で割り勘しようがイケる時はイケるんではないかと思うんです。


だったら、成功するかわからない初回デートに、お金をかけることは無意味なんではないでしょうか?


というわけで検証スタートです。
最近CMでよくやってるタイムバンクをダウンロードしました。


新宿駅から徒歩3分の飲み放題2,600円という店に決めました。
2019-06-11 17.04.10


2019-06-11 17.04.20



注文後5秒で出てくるカクテル。
抹茶プリンを名乗る謎の固形物。


若干やばそうな感じはありましたが1人2,600円飲み放題と考えれば相当安かったです。
味は微妙でしたが、量は2人では食べきれないくらいでした。



席に呼び出し器を兼ねた100円を入れるとおみくじがひけるおもちゃがありました。(ラーメンショップとかによくあるやつ)


そこから星座の話になり、自然と年齢の話になりました。
そこでA子ちゃんの衝撃の事実が発覚。

なんと26歳くらいだと思っていたA子は34歳だったのです。

兄と同学年でびっくりしました。





ずっと年下だと思ってタメ語だったのですが、ほんとは僕が敬語を使わなくてはいけなかったのか・・・。本当に女性の年齢って見た目ではわからないもんです。


でも、ほんとに美しい人だったので34歳でも全然いいかなと思いました。
むしろ34歳でこれなら、ここから大きく崩れることもないだろうし。

結局2軒目で口説いてA子と付き合うことになりました。
A子ちゃんには「どうせヤりたいだけでしょ〜?w」とか散々言われましたが。


というわけで、一応仮説は証明されました。
すんげー安くてまずい店でも成功する時はします。
でも、まだ一例だからね。今後も機会があれば検証したいと思います。


A子は次の日仕事というので、その日は健全に解散しました。


その後、新宿の奥にある、とある怪しいバーで飲んでいました。
 

そこでたまたまカウンターで隣に座った女子大生と仲良くなり、会話などを楽しみました。
で、その女子大生と仲良くしながら、いろいろ思ったんですが、この子とA子は年が一回りも違うんだよなあとか 。

単純に遊びたいだけなら、これくらいの歳の子の方がお互いに気楽なのは間違いありません。
A子は早く結婚したいと言っていたので、正直ニートの自分には荷が重いです。
(ヒモにしてくれるならいいんですがね。)
そう考えると俺と付き合うことによってA子の人生的には遠回りになるのかなとか思案しました。


今日はA子と何の連絡もとっていません。
今後も連絡することはないと思います。


結婚を全く考えてない男が、結婚を望む適齢期の女性と付き合うのってよくないんだろうなあ・・と。



どこかで見た言葉ですが、結婚から一番遠い女性というのは彼氏がいない人ではなく、結婚する気のない男と付き合っている人なんだとか・・・。








サトルと会ってみたい!という方はこちら
スクリーンショット 2019-06-11 13.35.12

 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラサーオヤジへ
にほんブログ村

初めまして
サトルといいます




大学卒業後、数年会社員をやってみたのですが退社しました。
続けていても、きっとじじいになった時に後悔するなと思いました。

僕は20代の時から基準を持っていて。
自分が楽しんでいる人生なのかという尺度が本当に大事だなって思っています。



例えば前に勤めていた会社は全国的に知名度があって安定した会社だったので
上り詰めて、役員あるいは部長くらいまでいけばそれなりの
社会的なステータスがあったと思います。

でも、楽しくはなかった。
これを我慢して真っ当に生きるのが正解なのか??

このまま続けていっても初老できっと
人生の意味を問うことになる予感がありました。

ffd07fd7fb9e33595d4cab123a9f6890_s




あと、本当に個人的な考えなんですが、サラリーマンの頑張りってのは
どこまでいっても究極的にはオーナーの手柄になりますからね。
まあこれは組織人の宿命ってもんですが(笑)
それが面白くなかった


100%自由に自分のやりたいことをやり、
自分の仕事を100%自分のものにできる世界で生きたくなりました。
その代わり責任は全部自分に返ってきます。



そしてこのブログの目的ですが、
タイトルにもあるんですけど、ドーパミンを出したいんです。

興奮して快楽を感じている時に出てるアレです。

このブログ、そして僕の人生の目的は大量のドーパミンを出すこと。
(もちろん薬物は使わずにですよ(笑))

さらには読者がそれを読んで同じように
ドーパミンが出るほどの熱狂をしてくれれば最高です


つまり自分も至上の快楽を感じつつ、読者もそれに共鳴して快楽を感じる。
そんなブログにしていきたいです。

雑記形式で更新していく予定です。
基本的にその日に思いついたことを書いていきます。


自分の中で人生を楽しむコツは5つあると思っています。
次の5つを軸として書いていきたいです。

①うまい飯
 本当に美味いものを食べた時の喜びは至高。外食が大好きなので美味い飯屋の紹介は積極的にやっていきます。

②恋愛
 惚れた相手を抱く時は大量のドーパミンが出ます。また好きな女性に振り向いてもらう過程も非常に面白いと思います。これはドーパミンを語るブログで絶対落とせない項目ですね。(ちなみに私は未婚です)

③音楽・エンターテイメント系
 音楽はほんの数分で気分を上げることができるとんでもない代物です。死ぬ時には最高の音楽を聴いていたい。また、スポーツ観戦なんかも人間の闘争本能に訴えるのでドーパミンがよく出ます。

④旅
 強い刺激を得るならコレかと。ちなみに僕の海外経験はインドネシアとアメリカ西海岸のみ。資金に余裕ができれば、ガンガン世界を見たいです。

⑤創作活動
   創作することにも喜びを感じます。さらにそれが認められると最高。このブログ自体も創作活動に当てはまります。今後はイラストや作曲も勉強して公開していきたいですね。



そして、これらの楽しみを追求していくにあたって、当然資金もある程度必要なのでお金の話なども書いていこうと考えております。




まあ、今んとこまだ適当です。
普通に方向転換していくこともあるので
ご了承くださいませ。

ちなみに今まではアメブロで書いてました。
虚しい日常に刺激を与えてドーパミンを出しまくる

それではヨロシクです !
 

↑このページのトップヘ