ドーパミンを出しまくる

自由を愛するアラサー独身が人生の攻略法を発信するブログ

カテゴリ:ライフハック > 節約

?!こんなにお金が貯まっちゃうの!??

画像2


もしあなたの収入が倍になったら。

実際に収入を倍にするのは難しいですが、

実質それと同じ方法があります。

同じ生活水準で支出を半分にすればいいのです。

この記事を読めば、最新の貯金、節約に関する全知識が手に入ります。

これらの情報を知っているか否かで1年で100万円、それ以上の差になります。

皆さんに改めて考えてもらいたいこと。

brain界隈では収入を増やす情報はたくさん出回ってきます。

しかし節約術、支出術については情報が少ない。収入に比べて軽視されがちです。

同じ生活、娯楽を半分の支出でできるようになれば収入が倍になったようなものです。

しかし

人は実際の収入が多くなるほど支出が雑になる傾向があります。

もし収入が2倍になったとしても、浪費も2倍になっては生活水準はほとんど変わらないのです。

つまり収入を増やすこと以上に賢く支出するスキルが重要なのです。

さあ、この記事を読んで豊かな暮らしを手に入れてください。

かなり非常識な方法も扱っています。果てはなんと恋愛力まで急激に高まります。お金を貯めるノウハウと女性の口説き方が密接に関係しているからです・・・!

完全合法です。生きていく上で最強のスキルが手に入ります。

現在の価格はスタート価格で、売れ行き次第で徐々に値上げして、最終的に9,800円まで値上げ予定です。

正直いってこの記事の購入費用は一瞬で回収できると思います。

今だけ手に入るチャンスです。

記事文字数、珠玉の9158文字。

全てのノウハウをまとめました。

目次

1 住居費を徹底的に節約する

2 全ての支出を把握せよ

3 毎回の買い物で5%得する方法

4 食費節約術

5 車という金食い虫

6 賢者の買い物術

7 不用品錬金術

8 通信費節約術

9 銀行手数料を0にする方法

10 非常識かつ合法な節税のウラ技 

11 交際費を節約して恋愛も成功させる究極テクニック



1 住居費を徹底的に節約する

おそらく多くの人にとって、最大の支出項目は住居費ではないでしょうか。

細々とした節約より住居コストを見直したほうが月数万の差になるので効果的です。真っ先に絞るべき項目です。

結論からいうと次の戦法になります。


このつづきを読みたい方はnotebrain
 

おはようございますエイジです。

去年から独立して、ネット系ビジネスの収益化を目指しつつ、
ホストをしながら稼ぐという毎日を送っています。



超朗報 来年から月10万円で生活できそう
 
なんと来年から固定費が10万円を切りそうなのです。
しかも都心に暮らしながらですよ。

f5bb953ab60a43d6317f46ce88a22f1d_s



以下、その理由をお話しします。

来年から家賃が半額

以前の記事で固定費を下げるならシェアハウスで暮らすことがおすすめだと書きました。

もともとシェアハウスは同じクオリティーの一般賃貸の物件よりも割安なのです。水廻りなどをシェアすることで経済性を高めているからです。

a558e5cdd29f8d4bc74f0fac344b8ea0_s


そして敷金・礼金・仲介手数料がないこともシェアハウスの割安にしている要因です。
たとえば敷礼仲手が家賃4ヶ月分かかるとしたら家賃6万円でも初期費用で30万円以上かかりますよね。これが日本人の住居の流動性を著しく損ねている原因です。

シェアハウスは敷礼仲手の概念がそもそもないことが多く、しかも家具家電つきなので初期費用がすごく安く済むのです。



最近、私がお世話になっているシェアハウス運営会社が運営アルバイトを募集しており、採用されるとなんと家賃が半額になるというのです。もともと割安なのにさらに半額って・・!

もちろん時給ももらえますし、週1からでもよいとのことだったので速攻申し込みましたよ。そんで採用されました。英語が必要な求人だったので勉強しておいてよかったです。

これで都心に住んでいても家賃が月4万円以下になってしまったのです。共益費(水道光熱費、インターネット代、施設管理費)を含めても月5万円で足りてしまうのです。
新宿からほど近い都心に住んでいて驚嘆すべき安さです。
シェアハウスはこのように運営のバイトを募集していることが多く、家賃が割引になるなど非常に割がいいことが多いです。



補足としてシェアハウス以外に家賃を下げる方法を紹介します。

1 家賃補助額の大きい会社に就職する

2 リゾバやホストなどの入寮系の仕事
家賃がかからないか非常に小さいコストで住むことがでできます。

3 ルームシェア
広い部屋を二人以上で借りる方法です。恋人や親しい友人、兄弟がいる場合はオススメ。一人当たりの家賃が割安になります。

4 実家に住む
最強です。親の許しが出るなら是非。

5 彼女・彼氏の家に転がり込む
彼女・彼氏が家賃を払っている家に住むことです(家賃を一切払わないのでルームシェアとは別)。ヒモとしての実力がいるのですが極めて効果の高い方法です。

6 パトロンを見つける
若くて綺麗な女の子だと、金持ちに家を用意してもらっているという子もたまにいますね。それなりの関係性を求められることが多いようですが。


来年から食費が無料

38c80c991b9ae168c19f9782b48a07b0_s

来年から別のホストクラブに移籍することにしました。
移籍先のホストフラブの福利厚生がとてもよくて、なんと毎日無料で食事が提供されるのです。
厳密には福利厚生費として1万円程度かかるのですが、月の食費が1万円なら全然安いです。


ちなみにそこの福利厚生はジムや美容室にも適用されるのでかなりお得に生活できそうです。

年金はさっさと減免措置を使う

年金を払いたくない人はさっさと減免措置しちゃった方がいいです。
払える人は払えばいいと思いますが、破綻する未来しか見えない怪しい社会制度に貴重なお金を無理に投資する必要はありません。独立したてで安定しないうちや収入の少ないうちは減免措置しちゃった方がいいですよ。というよりそのための減免制度ですから。別に払いたくなったら後からでも払えます。


ただし、無視して払わないのはよくないです。ちゃんと手続きしましょう。
一応年金についてはイケハヤさんも解説してますので参考に。



 
おわりに

家賃(水道光熱費インターネット代含む)5万円
交通費 1万円
福利厚生費(食事等)1万円
携帯代 3千円
美容代 5千円
住民税・国保等が2万円強として

10万円で生活できることとなりました。


独立した方が最初に意識すべきは固定費を減らすこと。
いわゆるサラリーのための労働時間をできるだけ減らし、資産形成のために時間を投下していきましょう。


フォローお願いします

 

皆さんおはようございます


土曜の朝は気持ちがいいっすね・・・・

eccbe3167d4a704382c49266670d7b25_s

さて、節約術は世にたくさん出回っていますが、節約のキモは住居コストなんですよ。
ここを節約できていないと、他の部分でどんなに節約しても水泡と帰します。

逆に住居コストの節約さえちゃんとできればあとは雑でも上手くいきます。

 
住居コストをガンガンに下げるには
 
結論からいうと次の戦法になります。

❶リゾートバイトやホストなどの入寮系
❷シェアハウス
❸実家に住む
❹家賃補助額の大きい会社に就職する
❺ルームシェア
❻彼女・彼氏の家に転がり込む
❼パトロンを見つける

以下解説

❶リゾートバイトやホストなどの入寮系
家賃がかからないか超割安です。リゾバは飯にもありつけることもありますよ。ホストは全く売れなかったとしても月15万くらいの月収と住居を用意してもらえます。昼の時間は自由なので別の仕事に取り組むこともできます。


❷シェアハウス
高い物件もありますが基本的に同じクオリティの一般賃貸に比べて安いです。
どちらも水道光熱費とインターネット代が込みになっていることが多く(要確認)、トータルの固定費が下がります。

また、シェアハウスは運営の手伝いを募集していることがあり、手伝いをするとさらに安く住めたりします。僕もシェアハウスに住んでいて週に数回ほど運営を手伝うんですが、それで家賃が半額になります。もちろん時給ももらえます。普通の賃貸で暮らしている人よりはるかに安く生活しています。


❸実家に住む
言うまでもなく最強。親の許しが出るなら是非。


❹家賃補助額の大きい会社に就職する
会社によっては10万円以上の補助が出るところもあるようです。うらやましい。

❺ルームシェア
広い部屋を二人以上で借りる方法です。恋人や親しい友人、兄弟がいる場合はオススメ。一人当たりの家賃が割安になります。

❻彼女・彼氏の家に転がりこむ
❺と似ていますが家賃を一切払わない点が異なります。ヒモとしての実力がいるのですが極めて効果の高い方法です。

❼パトロンを見つける
若くて綺麗な女の子だと、金持ちに家を用意してもらっているという子もたまにいますね。それなりの関係性を求められることが多いようですが。


ノマドワーカーなら移住せよ

僕自身、海外の移住経験はないのでえらそうなことは言えませんが、ノマドワーカーの方なら物価の安い東南アジアに移住してしまうのが最強です。
タイで月5万円くらいで生活できてしまうので最強の節約になります。


フォローお願いします






 







↑このページのトップヘ