ドーパミンを出しまくる

自由を愛するアラサー独身のライフハック系ブログ

カテゴリ:エンタメ > 野球

ソロホームラン3本とスリーラン1本が同じ価値(3点)なのが野球の面白いところです。

絶対ソロ3本の方が難しいのにスリーラン一発で同じ点が入ります。つまりランナーを溜めることが野球の真髄といえます。


09129835acc0573c2fba3945e2f7fb46_s


どんな打線が優秀と言えるのか?

打線の良し悪しを測るなら単純に得点数を見ればいいです。

打率がどんなに高くても得点しなければ意味ないですし、本塁打が多くてもソロばかりでは勝負を決定できないからです。
野球は一点でも多く点を取った方が勝つスポーツなので、より多く得点できる打線が優秀と言えるでしょう。


特にプロの試合では大量得点を取るメリットは非常に大きいと言えます。

なぜならプロは長いシーズンを戦うわけですから、明らかな負け試合の場合、その試合を無理に取りにいかないケースが多いからです。

例えば序盤で8点差などつけられた場合、その試合は敗戦処理の投手に任せて翌日以降に体力を残しておこうと考えるのプロです。

逆に言えば序盤で大量得点できれば相手の戦意を喪失させることが できるので非常に有利といえます。
 



それでは、現代野球で得点力が傑出していた2018年西武打線を例に見てみましょう。

スクリーンショット 2019-10-08 17.17.12
日本プロ野球RCAA&PitchingRunまとめblogより引用



4番山川(2018年本塁打王)の打力は言わずもがなですが、注目すべきは下位打線に本塁打28本の中村剛也がいることです。
またキャッチャー、ショート、セカンドなどの本来守備力が重視されるポジションに森友哉、源田、浅村という好打者が揃っていたため穴が少ないのです。チーム全体の出塁率が非常に高いです。


冒頭で述べたとおり野球はランナーを溜めた方が有利なスポーツなので、打線に切れ目がないことで得点力が大きく上がるのです。


セリーグはピッチャーにもっと打撃させろ


セリーグの打線にはどのチームにも決定的な打線の穴があります。
それは投手の打順です。


そもそも投手はヒットを狙わないことが多いです。
スタミナ温存や怪我防止のためでしょうが、これは非常に勿体無いことだと思います。

仮に9番投手が出塁すればその後は好打者の1番打者なわけですから一気に得点するチャンスなわけです。

もともと日本における投手というポジションは、高校、大学で一番センスのある選手が入ることが多く、打撃も真面目に取り組めば打てる選手が多いように思います。そもそも学生時代はクリンアップを任されていた選手が多いのです。
大谷なんかはその最たる例ですが、大谷レベルは無理にせよ、投手でも打率2割前後くらいはシーズン成績として狙える数字なのです。


逆にどのチームも投手には打たせないので、投手の打撃力を高めると他球団を出し抜けるようにも思います。特に先発投手は少なくとも1回は打席に入るわけですから打撃成績も評価するべきだと思いますね。

最強打線の考察まとめ

❶主軸にホームランを打てる選手がいる
❷打線に穴がない
❸チーム全体の出塁率が高い

 
 

坂本20号だってよ!

6月のこの時期にもう20号?????



シーズン53発ペースだそうで
松井秀喜以来の日本人50本に期待がかかります。

今年は覚醒していますね。

もちろん坂本といえば、16年に首位打者で打率.344、18年打率.345を記録するなど、ここ数年は巧打者の地位を確立していたんですが、ここにきてパワーヒッターとしても開花しました。

NPBの歴史の中でも、ここまで打てるショートってほとんどいないですよ。

ショートというのは、野手の中でも特に守備の負担が大きいポジションで、大抵のチームは打力に目を瞑って守備力のある選手をスタメンにします。

【参考】サトルの独断による守備力重視ポジションランキング
1  ピッチャー       ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
2  キャッチャー ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
3  ショート   ⭐️⭐️⭐️⭐️
4  セカンド   ⭐️⭐️⭐️⭐️
5  センター   ⭐️⭐️⭐️
6  サード    ⭐️⭐️
7  ライト    ⭐️⭐️
8  レフト    ⭐️⭐️
9  ファースト  ⭐️
10 DH


坂本は守備が一流なのに、打撃もこの成績なので非常に価値の高い選手と言えます。






中日宇野
ヤクルト池山
広島野村謙二郎
西武松井稼頭央


このあたりが打力もあるショートとして名前があがりますが、今年の坂本は上記の選手と比べてもスケールが一回り違う

ホームラン50本、三冠王を本気で狙える位置にいます。

ショートで本塁打王となれば84年の宇野以来。


徐々にパーフェクトフォルムに近づく坂本
坂本は2007年に入団、09年に3割、10年に31本塁打を記録して当初から打力は目を見張るものがありました。一方で守備は入団当初は荒いイメージがありました。


しかし、11年〜15年にかけては打率.270前後、ホームランも10本程度と停滞期にあったんです。12年については3割超えですが。
実はこの頃は守備がものすごく成長していました。
井端など名手を間近で見てきたからでしょう。(この頃は小坂的な選手になるのかなと思いましたが。)


そこから16年に首位打者をとり高い打率を残すようになります。

そして、今年のホームランバッターとしての覚醒。
野球選手としてパーフェクトになりつつあります



全盛期の松井稼頭央を超えるかもしれません。
今年坂本が3割40本塁打以上を記録するようなことがあれば、
歴代ナンバーワンショートは坂本で結論が出るでしょうね。







 

↑このページのトップヘ