ドーパミンを出しまくる

自由を愛するアラサー独身の手記

カテゴリ: 恋愛

日曜の夜は、木曜日に出会った女性と飲む約束をしておりました。


もともとは別の女性と仲良くなろうとしていたら
いつのまにか合コンという形になってしまって、木曜に渋谷で飲みました。


4対5で、年齢は女性が平均30歳くらい、
男性が平均25歳くらいで、男性では僕が一番年上(そのくせニート)でした。



幹事に促されるまま着席すると、隣にとてもかわいい女の子が座りました。A子ちゃん(仮名)といいました。社会人4年目と言っていたので26歳くらいかな?すでに0次会で飲んでいたらしく、結構酔っ払っていました。

その日は大衆店だし、何も考えずTシャツを着ていたんですが、向かいに座っていた31歳の女性に「Tシャツはないよね〜っw」とかボロクソに言われました(笑)
合コンってTシャツじゃいけないんですか・・・?






もともと狙っていた子は途中で友人の修羅場の仲裁とかなんとかで退席してしまったんですが、すでに狙いはA子ちゃんに切り替えていました(笑)


そんで金曜日にラインを送って、日曜日を会う約束をしていたのです。



実はこの日はある仮説を検証しようとしていました。

それは、「デートに費やしたお金と、デートの成功率は比例しない説」です。

これまでの経験でなんとなく感じていたのですが、どんなに高級店に連れて行ってもダメな時はダメだし、逆に大衆居酒屋で割り勘しようがイケる時はイケるんではないかと思うんです。


だったら、成功するかわからない初回デートに、お金をかけることは無意味なんではないでしょうか?


というわけで検証スタートです。
最近CMでよくやってるタイムバンクをダウンロードしました。


新宿駅から徒歩3分の飲み放題2,600円という店に決めました。
2019-06-11 17.04.10


2019-06-11 17.04.20



注文後5秒で出てくるカクテル。
抹茶プリンを名乗る謎の固形物。


若干やばそうな感じはありましたが1人2,600円飲み放題と考えれば相当安かったです。
味は微妙でしたが、量は2人では食べきれないくらいでした。



席に呼び出し器を兼ねた100円を入れるとおみくじがひけるおもちゃがありました。(ラーメンショップとかによくあるやつ)


そこから星座の話になり、自然と年齢の話になりました。
そこでA子ちゃんの衝撃の事実が発覚。

なんと26歳くらいだと思っていたA子は34歳だったのです。

兄と同学年でびっくりしました。





ずっと年下だと思ってタメ語だったのですが、ほんとは僕が敬語を使わなくてはいけなかったのか・・・。本当に女性の年齢って見た目ではわからないもんです。


でも、ほんとに美しい人だったので34歳でも全然いいかなと思いました。
むしろ34歳でこれなら、ここから大きく崩れることもないだろうし。

結局2軒目で口説いてA子と付き合うことになりました。
A子ちゃんには「どうせヤりたいだけでしょ〜?w」とか散々言われましたが。


というわけで、一応仮説は証明されました。
すんげー安くてまずい店でも成功する時はします。
でも、まだ一例だからね。今後も機会があれば検証したいと思います。


A子は次の日仕事というので、その日は健全に解散しました。


その後、新宿の奥にある、とある怪しいバーで飲んでいました。
 

そこでたまたまカウンターで隣に座った女子大生と仲良くなり、会話などを楽しみました。
で、その女子大生と仲良くしながら、いろいろ思ったんですが、この子とA子は年が一回りも違うんだよなあとか 。

単純に遊びたいだけなら、これくらいの歳の子の方がお互いに気楽なのは間違いありません。
A子は早く結婚したいと言っていたので、正直ニートの自分には荷が重いです。
(ヒモにしてくれるならいいんですがね。)
そう考えると俺と付き合うことによってA子の人生的には遠回りになるのかなとか思案しました。


今日はA子と何の連絡もとっていません。
今後も連絡することはないと思います。


結婚を全く考えてない男が、結婚を望む適齢期の女性と付き合うのってよくないんだろうなあ・・と。



どこかで見た言葉ですが、結婚から一番遠い女性というのは彼氏がいない人ではなく、結婚する気のない男と付き合っている人なんだとか・・・。








サトルと会ってみたい!という方はこちら
スクリーンショット 2019-06-11 13.35.12

 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラサーオヤジへ
にほんブログ村

昨日ニュースで度肝を抜かれたんですが、南海キャンディーズの山ちゃんこと、山里亮太と蒼井優が結婚したという令和最初のビッグニュース。



かたや吉本ブサイクランキング3年連続一位で殿堂入りを果たすような男と、
かたや、過去に岡田准一やら錚々たる面々の心をとらえて浮名を流してきた大物女優です。



僕も含めて、世の中の多くの独身男性は勇気付けられたんじゃないでしょうか。

一生懸命生きていればいつかいいことがある、ご褒美がある。
誰でも逆転ホームランを打つ可能性はあると。



幸せそうな山ちゃんを見てそんな風に思いました。



でもさ、


冷静に考えると、山ちゃんだって芸能の世界で10年以上売れ続けているわけで
芸能人としては普通に一流の部類なわけです。

ブサイクだけど、そこらのモテない男性とは全然次元が違うんですよね。

蒼井優と結婚するためには、
少なくとも蒼井優と出会える世界・レベルにいないといけないんです。



つまり、山ちゃんは打席に立てる水準にいたということ。
そこで特大のホームランを打ったんですね。





山ちゃんの努力の結果なんです。




 




↑このページのトップヘ