ドーパミンを出しまくる

自由を愛するアラサー独身のライフハック系ブログ

カテゴリ:エンタメ > 映画

アラジンを観てきました。吹き替え版で。
実はアニメ版も見たことなかったんですけどね。

スクリーンショット 2019-06-26 10.48.40




アラジン、働けや
 
主人公のアラジンは、ずーっと万引きして生きています。

パンとか果物とかをサルと協力しながら盗みまくる毎日。

そのくせ、お腹を空かせた子どもを見つけるとパンを分け与えたりして、いい人みたいに描いています。

おまえ、それ盗んだパンだろアラジン




意外と現実レベルのジーニーの魔法
アラジンは王女ジャスミンとくっ付きたくて、ジーニーに魔法で他国の王子さまにしてもらいます。

首尾よくジャスミンに近づけたんですが・・・

ジャスミン「で、あなたの国はどこにあるの?」
アラジン「う・・・・・」


え・・・・?


王子になる魔法って、服装が小綺麗になったりパレードしたりとか、そういうウワベだけの魔法なのでした。
王国とかお城とか、そういうレベルから魔法で作っちゃうんかと思いました。
パレードくらいなら広島カープでもできるじゃん・・・。



ジーニー「王子って嘘ついてもどうせいつかバレるぞ?(真顔)
いや、バレないように徹底した魔法かけてくれやww



A WHOLE NEW WOR~~~~~~ld♫

ついにアラジンはジャスミンを連れ出して、魔法の絨毯で空の旅に出ます。
もうね、このシーンを観たらアラジンがコソ泥とか、ジーニーの魔法が意外と普通とかどうでもよくなります。

美しいアグラバーの夜景とロマンチックな音楽にウットリ・・・!



心の中で絶叫しましたよ。
「俺も美女とアラビアンナイトしてええええ!!!!」ってね。






ジャファー様ってスピンオフ「中間管理録ジャファー」とかやったら面白そうだな・・・
 
ジャファーってカイジのトネガワと被るんですよ。
王からの信頼も厚いようですし、長年国のために尽くしてきてたのは間違いないと思うんですよね。
超有能で組織のナンバー2まで上り詰めていたのに、ぽっと出のどこの馬の骨ともわからん若者にやられてしまうというのは、まんまカイジのトネガワと同じです。
萩原天晴先生がスピンオフを作ってくんないかな?(笑)







 



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラサーオヤジへ

スクリーンショット 2019-06-11 13.35.12
サトル
に依頼したい方はこちら
 

キングダムを観てきました。

桜木町のブルグ13で!
スクリーンショット 2019-05-06 04.04.56
 映画「キングダム」製作委員会


キングダムとは

キングダムってどんな漫画かというと、力!
最後は力があるやつが勝つ超王道系の漫画です!

春秋戦国時代の秦が天下統一を果たすまでを描いていて
現在54巻まで発売されていますが、多分このペースだと100巻くらいまでいくのかな?


ずーっと熱いです。
全然つまらなくならない。ずっと面白い。






作者の原先生は合戦を描くのがほんとにうまい。
数万対数万という戦なので、一つのコマにめちゃくちゃな人数が入ってくるんですが
見やすいし、誰が何をしているのかよくわかる。
そして絵の迫力がすごい。
スクリーンショット 2019-05-06 04.30.29
 キングダム 原泰久 集英社

王騎将軍かっこえ〜
スクリーンショット 2019-05-06 04.23.31
 キングダム 原泰久 集英社




映画の感想

今回の映画で描かれているのは王都奪還までなので
原作でいうと1巻〜4巻まで。
他国と戦をおっぱじめる前の秦国内の内乱を描いています。
いわゆる「王都奪還編」。

実は王都奪還編は原作読んでた時はそんなに面白いと思わなかったんですよね。
実際、連載時もこの頃はそんなに人気がなかった。

このあと5巻から魏という国と戦をおっぱじめるんですが
そこからが異常に面白い。
だからこれから原作読みたいって人には、
まずは7巻まではじっくり読むことをお勧めしたい。


ポップコーンとペプシコーラを購入して通路側の席に座りました。
(全然関係ないけど予告編で流れてた新海誠監督の新作観たいなあ)


驚いたのは原作の再現度。
本郷奏多が原作が一番えらいって言ってましたけど、
製作陣が原作をリスペクトしているのが伝わってきました。



本当にそうだと思います。
原作と全然違う脚本にされると名前を借りて商売してるだけじゃんって思います。

最近邦画の実写化でうまくいった「るろうに剣心」も原作に忠実に作ってましたもんね。


そして、邦画としてはスケール感が圧倒的でした。
やっぱ中国でロケしたからですかね?
地平線までぶち抜くような構図って日本では撮れないですしスケールのでかい絵ってやっぱ大陸でロケした方がいいのかも。
金はかかりそうですけどね。



左慈さんかっけ〜〜〜
スクリーンショット 2019-05-06 05.06.15
 映画「キングダム」製作委員会

左慈って原作だと通路で斬られるだけの役だったのに
映画だとめっちゃ優遇されてんな・・

俳優の坂口拓はこの映画で知ったんですが、有名なアクション俳優みたいですね。
そのアクションシーンは圧巻。

全体のテンポ感もよかったです。
観てて中だるみはなかったですね。

というわけで、期待値を上回る内容にとっても満足しました(´∀`*)

今回大ヒットすれば、次回作への予算もたくさんついて
さらに迫力のある戦シーンが描かれるんではないでしょうか。


そして次回作では我らがヒロイン羌瘣(きょうかい)ちゃんが出るのを楽しみにしています!

スクリーンショット 2019-05-06 05.16.02
キングダム 原泰久 集英社







自宅で人気の映画を見たい人はこちら
 

↑このページのトップヘ