ドーパミンを出しまくる

自由を愛するアラサー独身の手記

2019年05月

数年前に農地を相続しました。

その面積にして一反。 (約1,000平米)
d4161533d9eaa30acbb2640a0fb41869_s
(イメージ)

この農地にも当然固定資産税がかかるんですが、農地の場合はめちゃくちゃ安く済みます。
ただし、農耕しないで放ったらかしにしておくと、固定資産税を高く取られるようになってしまうんです。

実家付近の畑なので、東京住みの私には畑の世話はできないんですが、
幸い実家にいる兄や母がそこで野菜を育てているため、ちゃんと生産緑地になっています。

しかし、農業自体が労力の割にあまり儲からないビジネスだと思っており、
この土地をどうにか収益化できないものかと最近頭をひねっているのです。



アパート経営などは初期費用が非常にかかるためで難しいです。
できる限り少ないリスクで始めたい。


手続きが面倒くさい
まず注意すべき点として、地目が農地の場合、農地としてしか使えないということです。
例えば、代表的な土地活用として、アパート経営や駐車場経営がありますが、
それらは農地では行えないのです。

それらを行う場合は、自治体や農業委員会の許可をとり、地目を変更しなければいけません。
土地活用には税・法律がややこしく絡んでおり、所管も国・県・市など多岐にわたります。
これが素人には非常に分かりづらい。
というか専門家に頼らないと相当厳しいですね。

そもそも、国が自給率を落とさない方針をとっているので、農地は簡単に転用できないようになっています。


駅から遠いと活用しにくい
比較的初期費用がかからず、人気の土地活用として駐車場経営がありますが、
このビジネスはなんといっても駅からの距離が重要になります。

私の所有地はこの点が不利で、駅から徒歩10分の距離にあります。
2年ほど前にタイムズなど何社か見積もりを依頼しましたが、
どこも駅からの距離で集客が難しいと断られました。 


確かに駅まで10分も歩く駐車場を使いたい人なんていませんよね(笑)

駐車場経営は初期費用を業者が負担してくれるところもあり、
かなり少ないリスクで始められるビジネスです。

もし、駅近に土地をお持ちならば、一度業者に話を聞いてみることをお勧めします。






市民農園はどうか
では市民農園はどうでしょうか。

これは市民向けに畑をレンタルするビジネスです。
農地を農地として活用するので、幾分自治体や農業委員会の審査は通りやすくなります。
(それでも面倒くさいらしいですが)

畑のレンタルを仲介するサービスもあります。
この分野のリーディングカンパニーは「シェア畑」を展開するアグリメディア でしょう。

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】





同社は2011年立ち上げのいわばベンチャー企業ですが、
全国に80以上の畑でレンタルを行っており、全国最大規模を誇っています。


アグリメディアの「シェア畑」の特徴
・肥料や農具などが全て用意してあるので手ぶらで畑に行ける
・アドバイザーがサポートしてくれる
 
 
このように手軽さとサポートの手厚さで人気を集めています。 
 


アグリメディアの「シェア畑」ですが、大体8平米あたり月8,000円で貸し出すのが相場ということです。ということは、1,000平米に換算すると、年間1,200万円になるわけです。

しかし、これはあくまでアグリメディアの収入であって、土地所有者の取り分がどれくらいになるかはホームページには記載がありませんでした。
 

そこで、同社の農地所有者向けセミナーが開催あったので早速受講してきました。
結論として、土地所有者の取り分は年100万円が相場とのことです。 
想像よりはるかに少ないですね・・・。正直、土地ありきのビジネスなわけですから、少なくとも土地所有者に3割、つまり360万円程度は入ると考えていたので100万円という金額には落胆しました。
しかも 、水道の敷設や農具・肥料を置く小屋をつくるため、初期費用が相場で380万円かかるということです。
4年かけて回収するビジネスなんですね。これを高いと感じるかは、人それぞれだと思いますが、私は高いと感じました。

クラウドファンディングでもやってみるか
もちろん長期的に見れば、年100万円ずつ収益になるわけですからビジネスにはなると思います。
ただ、初期費用380万が厳しいです。これは私が挑戦できる投資金額をはるかに超えていました。

しかし、逆に言うと、初期費用さえクリアできれば悪くないビジネスです。というより、私の農地を活用できる良い方法が他にない。
もし「シェア畑」を始められれば、自動販売機や畑利用者に向けた駐車場などのビジネスを展開できる可能性もあります。
農作業で喉が乾けば飲み物を欲しくなりますし、車で来たい人も絶対いますからね。



初期費用の解決策として、クラウドファンディングに目をつけています。
畑のシェアサービス、公益性のあるサービスなので結構ウケはいいんじゃないでしょうか。
 
とはいえ、クラウドファンディングはまだ勉強中なので、少し情報を収集したいと考えています。
まずはアグリメディアから正式な見積もりを取るところからですね。

 
手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】
   








兼ねてからやりたいなーと思っていたカフェ会をついに開催することになりました。

初夏のカフェ会 in 渋谷
開催日時 令和元年6月2日(日)17時〜18時
会 場  PUBLIC HOUSE 渋谷店
参加費  男性1,000円 女性500円
定 員  10名
(飲食代は別料金となります。各自ワンドリンク以上の注文をお願いします。)

参加申し込みはこちらから


・美味しいカフェやお店の情報を共有したい方
・東京に出てきてたばかりで知り合いを増やしたい方
・なかなかいい出会いがなくて刺激が欲しい方
・仕事に行きづまって誰かに相談したい・気分転換したい方
・資格などを目指していて仲間を探している方
・人見知りで友達が全然できず困っている方
・暇を持て余してる方

などなどどんな方でも歓迎します!



以下、開催への経過を記録しておきます。

まずは下準備
いくつか他のカフェ会などに参加してノウハウ収集して、
電話番号もビジネス用にもう一つゲット、
gmailも新たにアカウントをつくりました。

ビジネス用に2つ目の電話番号を持つ方法は、こちらの記事で紹介しています。




カフェ会の会場選び

会場選びはいろいろと考えました。

やはり、アクセスと集客を考えると新宿か渋谷かなと思っていましたが、
今回は若い世代にもたくさん参加してほしいということで渋谷にしました。

渋谷はゴチャゴチャしていて個人的にはそんなに好きではないんですけど、
新南口の界隈は比較的落ち着いていて好きです。

新南口から徒歩10分以内、広々としていて、お洒落な内装のお店と考えるとかなり候補は絞られてきます。

最初は他のカフェ会サイトでおすすめとあった「SUZU CAFE GEMS渋谷を下見しました。


スクリーンショット 2019-05-25 22.08.53
(店舗HPより)
結構お洒落です。広い。


飯もおしゃれ。
2019-05-09 12.50.37



ここにしようかな、と考えていたらトイレにこんな張り紙が。

2019-05-09 13.16.25

あちゃー(ノД`)

金銭のやりとりはダメだって・・


多分ですけど、過去にマナーの悪い主催者がお店を困らせたんでしょうな・・・。
これではここでは開催できません。





次に訪れたのが渋谷100BANCHの1階ある「LAND」さん。



100BANCHってのはパナソニックが進めているプロジェクト施設で、
新進気鋭の若手事業家に事業スペースやノウハウなどを提供するための取り組みなのだそうです。

そこの1階にあるのがLANDさん。
店内はとても広々としています。

スクリーンショット 2019-05-25 22.20.25
(店舗HPより)

2019-05-09 14.59.26

2019-05-09 15.00.02

新しいビジネスが胎動しそうな雰囲気の店内

すんげーカフェ会にマッチしそう!
100BANCHのコンセプトからしてもカフェ会に寛容なんじゃないかな?



是非ここでやりたい!と思い店員さんに問い合わせました。

そしたら6月2日(日)(カフェ会開催予定日)は、あいにく終日貸切なんだとか。
残念です。

また違う日にやる場合は使いたいなあ。


最終的にJR渋谷駅新南口直結の「PUBLIC HOUSE渋谷店」で決定しました。
スクリーンショット 2019-05-26 00.11.29
(店舗HPより)

ここは私もプライベートでよく使う店なんですが、
渋谷駅新南口徒歩0分という抜群のアクセス
・お洒落なインテリア
・店内がめちゃくちゃ広いので大体席が空いてる
・ハッピーアワーはアルコールも300円〜ととてもリーズナブル


カフェ会を開催する条件が全て揃ったお店なのです。

あいにく日中は予約を受け付けてないようですが、
まあ10人以下なら座れるでしょう!(希望的観測)


実はここも先ほどのLANDと同じ会社「CAFE COMPANY」が経営しています。
広々としたお洒落なお店を多く経営している会社なんですね。


告知サイトについて 

最初は有名告知サイトのコリュパを検討したんですが、
どうやら法人じゃないとイベントを掲載できないようです。

うーん、ある程度軌道に乗ったら、節税の意味でも法人化も検討していますが、なんせ今回が初開催ですからね。
いきなり法人化するのはきついかな・・・。
というのも、会社を設立するのは行政書士に全部お願いできちゃうんですが、その手続きにはどんなに安くても25万円はかかります。
だから、ビジネスの初期の段階でこれだけの投資はちょっときつい。

例えば半年とかやってみて、このビジネスの採算性や、自分に合う合わないなどが見えてきてからでも遅くないように思います。

とりあえずコリュパはお預け。


街コンジャパン
イベント掲載に2万円くらいかかるので、小規模なカフェ会では広告コストを回収できません。完全に中規模以上のイベント向きです。





こくちーず
無料の優良告知サイトなんですが、なんと2018年4月からカフェ会の告知を禁止していました。
スクリーンショット 2019-05-25 23.08.24




Event Force
スクリーンショット 2019-05-26 00.12.04

SEO的にも上位にヒットするし、無料で掲載できるということで、ここにまずは掲載することにしました。

参加申し込みはこちらから


イベントの広報は前日まで他の告知サイトも使えるものには、どんどん掲載していきたいと思っています。(ジモティーとか)

他にオススメの告知サイトご存知でしたら教えてください!


というわけで、皆さんご興味ある方は是非きてくださいね。





当日の内容
自己紹介→フリートークという内容を予定しています!

ちなみに私の興味関心分野はtwitterのプロフィールにもあるとおり、 
英語、 音楽、健康、開運、筋トレ、野球、カフェ会、芸能エンタメ、グルメ、シェアビジネス、小動物(特にハムスター・ハリネズミ)、海外移住です。ここらへんは結構語れると思います。
あともちろん、ブログの運営にも興味がありますよ。

 
ただ基本的には参加者さんの話したい内容に合わせていくつもりです。



たくさんの素晴らしい出会いがあることを楽しみにしています。
参加申し込みはこちらから


ご参加お待ちしていまーす(・∀・)



 

先日、知り合いの女の子と新宿のミステリアスで飲んできました。
 
スクリーンショット 2019-05-21 17.07.59

【食べログ】ミステリアス 新宿店

歌舞伎町一丁目の入り口付近に構える店は地下にあり、近未来の宇宙をイメージした内装は正に異空間。



スクリーンショット 2019-05-21 17.10.06

お洒落なカクテルはインスタ映えするものが多く女子受け抜群の店です。 







「海王星」というカクテルを注文しました。
2019-05-18 20.33.06

電球が入っていて光っています。
パインをメインにしていて美味しい(*゚∀゚)




スクリーンショット 2019-05-21 17.20.35

個室はカップルシートになっているのでデートにも使えると思いますよ。



お店の基本情報
住  所 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-16-3 新宿スクエアビルB1
アクセス JR新宿駅東口5分
     西武新宿線西武新宿3分
     地下鉄丸ノ内線新宿駅3分
営業時間 月〜金・祝前日 17:00〜翌5:00
     (L.O.4:15、ドリンクL.O.4:40)

     土・日・祝 17:00〜翌5:00
     (L.O.4:15、ドリンクL.O.4:40)

スクリーンショット 2019-05-21 17.30.28

















東京独身男子5話見ました。
遅ればせながら、TVerで 。



スクリーンショット 2019-05-12 11.14.23



知らない人のための関連記事はこちら



スクリーンショット 2019-05-12 12.52.12


元彼の家に厚かましくも転がり込む舞衣
舞衣が旦那と喧嘩してシドニーから太郎のところに戻ってくるんです。
日本で行くあてがないのでしばらく泊めて欲しいと・・・


既婚者が元彼の家に、しかも現彼女がいる状況で泊り込むという最強にカオスな展開。

4話までは割とあるある、と楽しく観てたんですが、
さすがにこの展開はねーだろ(笑)

これには世の中のツイッター女子もブチ切れ(´Д⊂)




太郎転職か!?
一方、太郎のところに外資系コンサルティングファームからヘッドハンティングの話が。年収はおよそ倍になるとのことです。
そうすると確か太郎の年収が900万くらいの設定だったので、おそらく2000万円近い年収になるのだろうと思います。

この年収の話は過去回で伏線が張られていました。

弁護士の岩倉や、歯科医院を経営する三好と比べて、会社員の太郎はどうしても年収が劣るのです。

いわゆる事業主と労働者の壁というやつです。(もちろん30代で900万という数字は一般的には相当な水準なのですが)
ただ、太郎は年収面で少なからず二人に劣等感を抱いていおり、今回のヘッドハンティングの話にはかなり関心を持っているようです。


とはいえ、外資系企業では終身保証はありません。
成績次第では年収が下がるケースも考えられます。

かずなは太郎に対しわざわざ安定しない外資より、
安定した現在の仕事を続けることを勧めます。

太郎は、結婚を前提にした場合、自分のキャリアさえ自分一人で決められない状況になることに強いストレスを感じているようでした。




太郎の本心
そんな中、相変わらず厚顔無恥に居座り続ける舞衣。
太郎も別にそれを拒むことなく泊め続けます。
かずなは太郎と舞衣がよからぬ事を起こさないよう太郎の家に泊まります。

で、太郎は家のベッドが足りないので三好の家に泊まり、
太郎の家には舞衣とかずなが泊まるというおかしな状況。



スクリーンショット 2019-05-20 22.14.13
(公式HPより)
(元カノと現彼女と一緒の朝食シーンはさすがに気持ち悪かった)



岩倉が主催した透子へのお礼の食事の席にも、
舞衣は同席していました。
スクリーンショット 2019-05-20 22.11.38
(公式HPより)
いやおまえ、どういう立場でそこにおんねん(笑)

ちなみにこの席次はかなり計算されてると思います。
舞衣とかずなを対面させることで対立感を出しつつ、太郎の隣(しかも中央)に座らせることで厚かましさも演出しています。




舞衣の旦那も、嫁が元彼の家に転がり込んでんのに太郎に対して電話で、
「しばらく舞衣のことよろしくお願いします(・∀・)つ」
みたいなこと言うし、もはや正常者が誰もいない状況。




こうした太郎のはっきりしない態度に、かずなは太郎の本心を悟りました。


それは、結局のところ、太郎に本当の好きな女はいないということ。

太郎が本当に好きなのは、舞衣でもない、かずなでもない、太郎自身だったのです。



自分が一番だから、正直2番目以降はどうでもいい瑣末なことなのです。





しかし、これは私自身も痛いほど刺さりました。

多分好きで独身やってる人って、自分の自由が何よりも好きなんです。
誰にも束縛されず、自分の人生を自分で全て決めたいのです。

たとえば仕事とか住居とかお金とか、誰にも決断を邪魔されたくないんです。
他人と妥協した折衷案みたいな80点よりも、自分が納得した100点を狙いに行きたいんです。



太郎はかずなに核心を突きつけられ、何も言えませんでした。
そして、かずなとは破局という形になりました。



最近、仮想通貨がまた盛り上がりつつありますね。


米中経済情勢が関税の絡みで不安定なこともあり、
ビットコインが値を徐々に戻してきています。

2019-05-18 12.42.55
直近のビットコインの値動き
(めちゃくちゃ上げているように見えますけど2018年の初めは今の5倍くらいの額だったんですよ)


2017年末頃の熱狂にはまだ程遠いものの、
投資家は少しずつ熱くなってきていると思いますよ。


コインチェックでビットコインでも買おうかと思い久々にログインしました。

そしたら、
2段階認証を求められました。

あれ、2段階認証なんて設定してたっけ?
(したからそうなってんだけど)

というのも、2018年初頭の暴落からずっと低空飛行をつづけていたので
ほとんど放置していたんですよね。


多分してんだろうけど、覚えていない・・・。

Authenticatorというアプリが発行するコードを入力するんですが、
Authenticatorを起動しても何も出てこないので、きっと2段階認証の設定の時にミスったんだと思います。

これじゃーログインのしようがないなということで
コインチェックのサポートに問い合わせました。

名前、住所、電話番号とIDと一緒に写ったセルフィーを送ってくださいとの指示が。
すぐ送りました。

そしたら翌日には二段階認証が解除されてましたね。対応が早い。
まあ今は昔に比べてそれほど問い合わせが多くないのでしょう。

早速さっき5万円ほど購入してみました。
今週水曜木曜あたりはビットコインが90万円を超えていましたが、金曜に売られて今は80万円以下なんですね(株だったらとんでもない暴落だけど仮想通貨の世界じゃごく普通です)

まあ逆に安くなっていてラッキーというくらいです。

投資のキモは長期運用で、ほんとは安かった今年の初めに買うのが一番賢かったんですけど、
まあ仮想通貨ってどこまで下がるかわかんないですからね(笑)

僕みたいな素人は、上昇傾向になってから買って少し利益をいただければ十分です。

9fe2c43fd0625b4e725201bc8b39947b_s



 






↑このページのトップヘ