ドーパミンを出しまくる

自由を愛するアラサー独身のライフハック系ブログ

坂本20号だってよ!

6月のこの時期にもう20号?????



シーズン53発ペースだそうで
松井秀喜以来の日本人50本に期待がかかります。

今年は覚醒していますね。

もちろん坂本といえば、16年に首位打者で打率.344、18年打率.345を記録するなど、ここ数年は巧打者の地位を確立していたんですが、ここにきてパワーヒッターとしても開花しました。

NPBの歴史の中でも、ここまで打てるショートってほとんどいないですよ。

ショートというのは、野手の中でも特に守備の負担が大きいポジションで、大抵のチームは打力に目を瞑って守備力のある選手をスタメンにします。

【参考】サトルの独断による守備力重視ポジションランキング
1  ピッチャー       ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
2  キャッチャー ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
3  ショート   ⭐️⭐️⭐️⭐️
4  セカンド   ⭐️⭐️⭐️⭐️
5  センター   ⭐️⭐️⭐️
6  サード    ⭐️⭐️
7  ライト    ⭐️⭐️
8  レフト    ⭐️⭐️
9  ファースト  ⭐️
10 DH


坂本は守備が一流なのに、打撃もこの成績なので非常に価値の高い選手と言えます。






中日宇野
ヤクルト池山
広島野村謙二郎
西武松井稼頭央


このあたりが打力もあるショートとして名前があがりますが、今年の坂本は上記の選手と比べてもスケールが一回り違う

ホームラン50本、三冠王を本気で狙える位置にいます。

ショートで本塁打王となれば84年の宇野以来。


徐々にパーフェクトフォルムに近づく坂本
坂本は2007年に入団、09年に3割、10年に31本塁打を記録して当初から打力は目を見張るものがありました。一方で守備は入団当初は荒いイメージがありました。


しかし、11年〜15年にかけては打率.270前後、ホームランも10本程度と停滞期にあったんです。12年については3割超えですが。
実はこの頃は守備がものすごく成長していました。
井端など名手を間近で見てきたからでしょう。(この頃は小坂的な選手になるのかなと思いましたが。)


そこから16年に首位打者をとり高い打率を残すようになります。

そして、今年のホームランバッターとしての覚醒。
野球選手としてパーフェクトになりつつあります



全盛期の松井稼頭央を超えるかもしれません。
今年坂本が3割40本塁打以上を記録するようなことがあれば、
歴代ナンバーワンショートは坂本で結論が出るでしょうね。







 
スポンサードリンク

昨日ニュースで度肝を抜かれたんですが、南海キャンディーズの山ちゃんこと、山里亮太と蒼井優が結婚したという令和最初のビッグニュース。



かたや吉本ブサイクランキング3年連続一位で殿堂入りを果たすような男と、
かたや、過去に岡田准一やら錚々たる面々の心をとらえて浮名を流してきた大物女優です。



僕も含めて、世の中の多くの独身男性は勇気付けられたんじゃないでしょうか。

一生懸命生きていればいつかいいことがある、ご褒美がある。
誰でも逆転ホームランを打つ可能性はあると。



幸せそうな山ちゃんを見てそんな風に思いました。



でもさ、


冷静に考えると、山ちゃんだって芸能の世界で10年以上売れ続けているわけで
芸能人としては普通に一流の部類なわけです。

ブサイクだけど、そこらのモテない男性とは全然次元が違うんですよね。

蒼井優と結婚するためには、
少なくとも蒼井優と出会える世界・レベルにいないといけないんです。



つまり、山ちゃんは打席に立てる水準にいたということ。
そこで特大のホームランを打ったんですね。





山ちゃんの努力の結果なんです。




 




スポンサードリンク

数年前に農地を相続しました。

その面積にして一反。 (約1,000平米)
d4161533d9eaa30acbb2640a0fb41869_s
(イメージ)

この農地にも当然固定資産税がかかるんですが、農地の場合はめちゃくちゃ安く済みます。
ただし、農耕しないで放ったらかしにしておくと、固定資産税を高く取られるようになってしまうんです。

実家付近の畑なので、東京住みの私には畑の世話はできないんですが、
幸い実家にいる兄や母がそこで野菜を育てているため、ちゃんと生産緑地になっています。

しかし、農業自体が労力の割にあまり儲からないビジネスだと思っており、
この土地をどうにか収益化できないものかと最近頭をひねっているのです。



アパート経営などは初期費用が非常にかかるためで難しいです。
できる限り少ないリスクで始めたい。


手続きが面倒くさい
まず注意すべき点として、地目が農地の場合、農地としてしか使えないということです。
例えば、代表的な土地活用として、アパート経営や駐車場経営がありますが、
それらは農地では行えないのです。

それらを行う場合は、自治体や農業委員会の許可をとり、地目を変更しなければいけません。
土地活用には税・法律がややこしく絡んでおり、所管も国・県・市など多岐にわたります。
これが素人には非常に分かりづらい。
というか専門家に頼らないと相当厳しいですね。

そもそも、国が自給率を落とさない方針をとっているので、農地は簡単に転用できないようになっています。


駅から遠いと活用しにくい
比較的初期費用がかからず、人気の土地活用として駐車場経営がありますが、
このビジネスはなんといっても駅からの距離が重要になります。

私の所有地はこの点が不利で、駅から徒歩10分の距離にあります。
2年ほど前にタイムズなど何社か見積もりを依頼しましたが、
どこも駅からの距離で集客が難しいと断られました。 


確かに駅まで10分も歩く駐車場を使いたい人なんていませんよね(笑)

駐車場経営は初期費用を業者が負担してくれるところもあり、
かなり少ないリスクで始められるビジネスです。

もし、駅近に土地をお持ちならば、一度業者に話を聞いてみることをお勧めします。






市民農園はどうか
では市民農園はどうでしょうか。

これは市民向けに畑をレンタルするビジネスです。
農地を農地として活用するので、幾分自治体や農業委員会の審査は通りやすくなります。
(それでも面倒くさいらしいですが)

畑のレンタルを仲介するサービスもあります。
この分野のリーディングカンパニーは「シェア畑」を展開するアグリメディア でしょう。

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】





同社は2011年立ち上げのいわばベンチャー企業ですが、
全国に80以上の畑でレンタルを行っており、全国最大規模を誇っています。


アグリメディアの「シェア畑」の特徴
・肥料や農具などが全て用意してあるので手ぶらで畑に行ける
・アドバイザーがサポートしてくれる
 
 
このように手軽さとサポートの手厚さで人気を集めています。 
 


アグリメディアの「シェア畑」ですが、大体8平米あたり月8,000円で貸し出すのが相場ということです。ということは、1,000平米に換算すると、年間1,200万円になるわけです。

しかし、これはあくまでアグリメディアの収入であって、土地所有者の取り分がどれくらいになるかはホームページには記載がありませんでした。
 

そこで、同社の農地所有者向けセミナーが開催あったので早速受講してきました。
結論として、土地所有者の取り分は年100万円が相場とのことです。 
想像よりはるかに少ないですね・・・。正直、土地ありきのビジネスなわけですから、少なくとも土地所有者に3割、つまり360万円程度は入ると考えていたので100万円という金額には落胆しました。
しかも 、水道の敷設や農具・肥料を置く小屋をつくるため、初期費用が相場で380万円かかるということです。
4年かけて回収するビジネスなんですね。これを高いと感じるかは、人それぞれだと思いますが、私は高いと感じました。

クラウドファンディングでもやってみるか
もちろん長期的に見れば、年100万円ずつ収益になるわけですからビジネスにはなると思います。
ただ、初期費用380万が厳しいです。これは私が挑戦できる投資金額をはるかに超えていました。

しかし、逆に言うと、初期費用さえクリアできれば悪くないビジネスです。というより、私の農地を活用できる良い方法が他にない。
もし「シェア畑」を始められれば、自動販売機や畑利用者に向けた駐車場などのビジネスを展開できる可能性もあります。
農作業で喉が乾けば飲み物を欲しくなりますし、車で来たい人も絶対いますからね。



初期費用の解決策として、クラウドファンディングに目をつけています。
畑のシェアサービス、公益性のあるサービスなので結構ウケはいいんじゃないでしょうか。
 
とはいえ、クラウドファンディングはまだ勉強中なので、少し情報を収集したいと考えています。
まずはアグリメディアから正式な見積もりを取るところからですね。

 
手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】
   








スポンサードリンク

↑このページのトップヘ