ドーパミンを出しまくる

自由を愛するアラサー独身のライフハック系ブログ

アラジンを観てきました。吹き替え版で。
実はアニメ版も見たことなかったんですけどね。

スクリーンショット 2019-06-26 10.48.40




アラジン、働けや
 
主人公のアラジンは、ずーっと万引きして生きています。

パンとか果物とかをサルと協力しながら盗みまくる毎日。

そのくせ、お腹を空かせた子どもを見つけるとパンを分け与えたりして、いい人みたいに描いています。

おまえ、それ盗んだパンだろアラジン




意外と現実レベルのジーニーの魔法
アラジンは王女ジャスミンとくっ付きたくて、ジーニーに魔法で他国の王子さまにしてもらいます。

首尾よくジャスミンに近づけたんですが・・・

ジャスミン「で、あなたの国はどこにあるの?」
アラジン「う・・・・・」


え・・・・?


王子になる魔法って、服装が小綺麗になったりパレードしたりとか、そういうウワベだけの魔法なのでした。
王国とかお城とか、そういうレベルから魔法で作っちゃうんかと思いました。
パレードくらいなら広島カープでもできるじゃん・・・。



ジーニー「王子って嘘ついてもどうせいつかバレるぞ?(真顔)
いや、バレないように徹底した魔法かけてくれやww



A WHOLE NEW WOR~~~~~~ld♫

ついにアラジンはジャスミンを連れ出して、魔法の絨毯で空の旅に出ます。
もうね、このシーンを観たらアラジンがコソ泥とか、ジーニーの魔法が意外と普通とかどうでもよくなります。

美しいアグラバーの夜景とロマンチックな音楽にウットリ・・・!



心の中で絶叫しましたよ。
「俺も美女とアラビアンナイトしてええええ!!!!」ってね。






ジャファー様ってスピンオフ「中間管理録ジャファー」とかやったら面白そうだな・・・
 
ジャファーってカイジのトネガワと被るんですよ。
王からの信頼も厚いようですし、長年国のために尽くしてきてたのは間違いないと思うんですよね。
超有能で組織のナンバー2まで上り詰めていたのに、ぽっと出のどこの馬の骨ともわからん若者にやられてしまうというのは、まんまカイジのトネガワと同じです。
萩原天晴先生がスピンオフを作ってくんないかな?(笑)







 



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラサーオヤジへ

スクリーンショット 2019-06-11 13.35.12
サトル
に依頼したい方はこちら
 
スポンサードリンク

昨日舞台を観てきました。

自分自身演技を勉強している身なので舞台くらい観た方がいいかなと生まれて初めて舞台を観てきました。(←もっと勉強した方がいい)


篠田麻里子主演の「アンフェアな月 殺してもいい命」という舞台です。
スクリーンショット 2019-06-23 11.52.32

篠原涼子主演でテレビドラマでもやってたシリーズですね。

舞台は余裕を持って会場入りしよう
家から会場の池袋はまあまあ遠いので余裕を持って出たつもりだったんですが
道に迷ってしまい開演の時間に会場に到着しました。

係員「もう音楽が始まっていますので、しばらくこちらでお待ちください。後ほどご案内します。」

そうなんです。舞台は生もの。
出入りの音は観客はもちろん、演者も気になります。
遅刻したらキリのいいところまで入場できないのです。
待合室
早めに会場についてトイレもすましておきましょうね



座席は2階席でした。

「は、俳優の表情みえねええええ」
もう2階からだと表情とかなんもわかんないです。やっぱ1階がいいのかなあ。


でも生の演技は迫力が違いますね。
退屈せず2時間以上の舞台もあっという間でした。

 
多分同じ演技でもテレビと舞台では全然印象が違うと思います。



舞台の値段て高すぎひん?
今回は特別なルートでチケットを手に入れたので4,000円弱で鑑賞できました。
が、一般ルートで買うと8,000円から。

たかいよね?

少なくとも学生が部活のない学校帰りに友達と、って金額じゃないです。

でも、この金額でも舞台ってほとんど利益の出ないビジネスみたい。
今回は篠田麻里子が主演なんで割と客が入る舞台だと思いますが、一方で有名俳優の出ない舞台だと、会場費や人件費とかもろもろ考えるとこの金額でもほとんど残らないんだそう。だからほとんどの舞台俳優は儲かってないみたいです。



舞台の競合は映画だと思うんですが、映画は2,000円しないからね。
しかも飲み食いとかできるし娯楽的な色が強いです。
きょうび、舞台にこの金額を出す人って出演者の熱心なファンくらいのもんでしょう。

実際、マイナーな舞台では俳優自身が身内に頼んでチケットを買ってもらうというようなことが往々にしてあり、場合によっては俳優がチケットを買い取るケースもあるんだとか。

舞台もyoutubeとかニコニコで生配信して広告収入を得るとかして収益化、そして観劇料金を値下げしないと娯楽としては衰退していくでしょう。
現在の俳優を搾取する構造から、利益の出せる構造に変えていかなくちゃダメということです。

 



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

サトルと飲みたい方はこちら
スクリーンショット 2019-06-11 13.35.12

 
スポンサードリンク

日曜の夜は、木曜日に出会った女性と飲む約束をしておりました。


もともとは別の女性と仲良くなろうとしていたら
いつのまにか合コンという形になってしまって、木曜に渋谷で飲みました。


4対5で、年齢は女性が平均30歳くらい、
男性が平均25歳くらいで、男性では僕が一番年上(そのくせニート)でした。



幹事に促されるまま着席すると、隣にとてもかわいい女の子が座りました。A子ちゃん(仮名)といいました。社会人4年目と言っていたので26歳くらいかな?すでに0次会で飲んでいたらしく、結構酔っ払っていました。

その日は大衆店だし、何も考えずTシャツを着ていたんですが、向かいに座っていた31歳の女性に「Tシャツはないよね〜っw」とかボロクソに言われました(笑)
合コンってTシャツじゃいけないんですか・・・?






もともと狙っていた子は途中で友人の修羅場の仲裁とかなんとかで退席してしまったんですが、すでに狙いはA子ちゃんに切り替えていました(笑)


そんで金曜日にラインを送って、日曜日を会う約束をしていたのです。



実はこの日はある仮説を検証しようとしていました。

それは、「デートに費やしたお金と、デートの成功率は比例しない説」です。

これまでの経験でなんとなく感じていたのですが、どんなに高級店に連れて行ってもダメな時はダメだし、逆に大衆居酒屋で割り勘しようがイケる時はイケるんではないかと思うんです。


だったら、成功するかわからない初回デートに、お金をかけることは無意味なんではないでしょうか?


というわけで検証スタートです。
最近CMでよくやってるタイムバンクをダウンロードしました。


新宿駅から徒歩3分の飲み放題2,600円という店に決めました。
2019-06-11 17.04.10


2019-06-11 17.04.20



注文後5秒で出てくるカクテル。
抹茶プリンを名乗る謎の固形物。


若干やばそうな感じはありましたが1人2,600円飲み放題と考えれば相当安かったです。
味は微妙でしたが、量は2人では食べきれないくらいでした。



席に呼び出し器を兼ねた100円を入れるとおみくじがひけるおもちゃがありました。(ラーメンショップとかによくあるやつ)


そこから星座の話になり、自然と年齢の話になりました。
そこでA子ちゃんの衝撃の事実が発覚。

なんと26歳くらいだと思っていたA子は34歳だったのです。

兄と同学年でびっくりしました。





ずっと年下だと思ってタメ語だったのですが、ほんとは僕が敬語を使わなくてはいけなかったのか・・・。本当に女性の年齢って見た目ではわからないもんです。


でも、ほんとに美しい人だったので34歳でも全然いいかなと思いました。
むしろ34歳でこれなら、ここから大きく崩れることもないだろうし。

結局2軒目で口説いてA子と付き合うことになりました。
A子ちゃんには「どうせヤりたいだけでしょ〜?w」とか散々言われましたが。


というわけで、一応仮説は証明されました。
すんげー安くてまずい店でも成功する時はします。
でも、まだ一例だからね。今後も機会があれば検証したいと思います。


A子は次の日仕事というので、その日は健全に解散しました。


その後、新宿の奥にある、とある怪しいバーで飲んでいました。
 

そこでたまたまカウンターで隣に座った女子大生と仲良くなり、会話などを楽しみました。
で、その女子大生と仲良くしながら、いろいろ思ったんですが、この子とA子は年が一回りも違うんだよなあとか 。

単純に遊びたいだけなら、これくらいの歳の子の方がお互いに気楽なのは間違いありません。
A子は早く結婚したいと言っていたので、正直ニートの自分には荷が重いです。
(ヒモにしてくれるならいいんですがね。)
そう考えると俺と付き合うことによってA子の人生的には遠回りになるのかなとか思案しました。


今日はA子と何の連絡もとっていません。
今後も連絡することはないと思います。


結婚を全く考えてない男が、結婚を望む適齢期の女性と付き合うのってよくないんだろうなあ・・と。



どこかで見た言葉ですが、結婚から一番遠い女性というのは彼氏がいない人ではなく、結婚する気のない男と付き合っている人なんだとか・・・。








サトルと会ってみたい!という方はこちら
スクリーンショット 2019-06-11 13.35.12

 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラサーオヤジへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ